中須俊治『Go to Togo 一着の服を旅してつくる』(烽火書房)を出版しました

「シューカツ」をやめてから大きく動き出した人生。「みんなが笑って過ごせる世界をつくる」と、かつて交わした約束を果たすべく、トーゴ共和国で日本初の法人を設立したアフリカ起業家の奮闘記!

https://www.amazon.co.jp/dp/4991116007?ref=myi_title_dp&fbclid=IwAR1zHG63zybUhfh8E78gPYmqjfnY70XMYsqtM89fAUvlaYMl5tjqYItUdhQ


※日本でのエピソードと、遠く離れたアフリカ・トーゴ共和国でのエピソードとでは、互いに逆さを向いています。日本とアフリカ、価値観が反転するような出来事を表現するために、本を180度、回転させながら読みすすめる仕掛けを導入しました。京都発の、スタートアップの起業家とひとり出版社による挑戦の一冊。

◎目次 はじめに
第一章 シューカツをやめる
第一節 一人ではできないことも仲間がいればできる
第二節 ラジオ局で働く
Column トーゴの食べ物

第二章 人との出会いだけがぼくを前進させる
第一節 汚れた手と綺麗なスーツ
第二節 会社を辞めてでもぼくがやらなければいけないこと
Column 二人の挑戦になるまでに

第三章 ふたつの世界を紡ぐ
第一節 三年後の事業化をめざして
第二節 現地に会社を「建てる」
Column トーゴへ行こう 第三節 重ねあうこと

第四章 見落とされてしまうたくさんの価値を重ねて
第一節 ぼくたちは商品を誰に届けたいのか
第二節 トーゴで出会う仲間たち
Column エウェ族のことば
第三節 みんなが笑って過ごせる世界をつくる

あとがき

【 著書プロフィール 】
1990年、京都生まれ。滋賀大学経済学部卒業。株式会社AFURIKA DOGS・代表取締役社長。重彩プロデューサー。「みんなが笑って過ごせる世界をつくる」ために日本とトーゴ共和国を往復し、エウェ族と京都の職人の染色技術を重ねて、商品開発している。大学在学中に単身アフリカへ渡航し、ラジオ局のジャーナリストとして番組制作に携わる。大卒後、京都信用金庫に入社。嵐山地域で営業を担当した後、独立・起業。モットーは他力本願、2児の父親。

前の記事
次の記事
Close (esc)

EVENT

AFURIKA DOGSではユーザー様に向けたイベントを随時開催しております。

More info

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

Search

Shopping Cart

あなたのカートは現在空です。
今すぐ購入