DIALOGUE+「伝統技術と現代のモノの価値観との融合」(インターン記事)

京都外国語大学2年 森松 美月    3月13日、京都伝統産業ミュージアムにて開催されたKyoto Crafts Exhibition DIALOGUE+へ行ってきました。私自身、雑貨や工芸品を見るのが好きで、よく百貨店のポップアップ...

コンゴのサプール、京都に進出

コンゴのファッションデザイナー・メニさんと巡り合った。Twitterの心優しい方が、メニさんを紹介してくださった。なんて時代や。 コンゴには素敵なファッション文化「サプール」がある。世界平和を願って高級ブランドを身にまとう「世界一おし...

京都の布×アフリカ・トーゴの技でブルゾンを

 京都でも緊急事態宣言が発令された。ぼくたちの会社は創業以来、ずっと緊急事態であるから、逆にニュートラルではある。お店をオープンして2ヶ月が経ち、受注いただいた服の仕立てが落ち着いたので、待ちに待ったブルゾンをオーダーした。いい。実に...

【メディア掲載】『共同通信社』

  共同通信社さまに取材をいただき、熊本日日新聞、神戸新聞、中部経済新聞に掲載してもらいました。 「アフリカの布でオーダー服 京友禅と組み合わせ」 「トーゴ(バティック)と京都(京友禅) 自分だけの一着仕立てよう 染め布重ね、つなぐ夢...

【メディア掲載】「トーゴ布と京友禅つなぐ」『朝日新聞』2021年1月7日付朝刊

アフリカドッグス・代表の中須です。 1月7日付の朝日新聞の朝刊と、朝日新聞デジタルに掲載いただきました。アフリカ大陸に渡航経験のある記者の方に特集してもらいました。めちゃくちゃラッキーです。 朝日新聞デジタル https://dig...

新年のご挨拶

皆さま、いつもお世話になっております。 アフリカドッグス・代表の中須です。 あけましておめでとうございます。   2020年、いろんなことがありました。ありすぎて、寿命が6年くらい縮んだような気がします。私事ですが、息子が生まれました...

店長メイカが目指す、理想のお店

初めまして。色々あってAFURIKADOGS×Deabalocoutureの店長を名乗らせていただいています。 天岸明夏と申します。 (色々あったことはお店でお話しさせてください。)   "本当にオープンできるのか?!"から始まった準...

オープニングの1週間を終えて

オープニングの怒涛の1週間が終わりました。ありがたいことに、連日たくさんの方々に来店をいただきました。アフリカ布や京友禅で誂えるブルゾンやシャツ、スカート、ワンピース・・・できあがっていく様子をみたり、お届けする瞬間に立ち会ったりして...

ついに常設店舗がオープンしました!

アフリカドッグス初の常設店舗が、ついにオープンしました! 小さなお店の大きな挑戦です。アフリカのトーゴ共和国で感じた豊かな文化、それを京都に持ち込もうとしています。 現地ではカジュアルにオーダーメイドのファッションを楽しむ文化がありま...

レティシア書房さんで展示販売会を開催します

『Go to Togo』を、そう評してくださったレティシア書房さんで、ささやかな展示販売会を開催します。

『京都新聞』2020.6.19朝刊:「京友禅技でジーンズ染色」

「暇を持て余した京職人の、ジーパンをカッコよくする遊び。」が京都新聞に掲載されました。

暇を持て余した京職人の、ジーパンをカッコよくする遊び。

事件です。いつもお世話になっている京都の染め職人・西田さん(御年73歳)の仕事が、コロナでゼロになりました。こんなことは、およそ半世紀の職人歴で初めてらしいです。 そんな中、なぜか「暇やから一緒に遊ぼう」と誘われました。「何して遊びま...
Close (esc)

EVENT

AFURIKA DOGSではユーザー様に向けたイベントを随時開催しております。

More info

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

Search

Shopping Cart

あなたのカートは現在空です。
今すぐ購入